幼児の顔の産毛はどうすれば?

幼児の顔の産毛はどうすれば?

幼児の顔の産毛が濃くて「どうしよう」と悩んでいるママがいるかもしれませんが、学校に行くまでは、幼児本人も気にしていなければ何もしない方がいいと思います。むしろ幼児期は何もしない方が、後日処理をする段階で、肌荒れや、敏感肌になっていなくて顔剃りや産毛脱毛がやりやすくなります。

 

顔の産毛は、剃ると余計に濃くなる、との説がまことしやかに語られることもあり、躊躇しているママもいるのではないでしょうか?子育てに関する情報を満載しているママスタジアムでもこんな声が。子供は顔そり髭剃りしても大丈夫かな?したら濃くなりそうで、心配。入学式あるし、髭がちょっと伸びてきてみっともないので、剃ろうか悩み中。皆さんはどうしてましたか?という悩みです。

 

産毛を“剃ると余計に濃くなる”というのは間違いです。カミソリ等で処理をすると、断面が平たくなり、その状態でまた毛髪が成長をすることから、濃くなったように錯覚しているのです。実際に濃くなったり増えたりすることはありません。

 

もし、就学時に顔剃りをとりあえずする場合は、親が自分で剃る。理容室やシェービングサロンで顔そりする。と二通りあります。自分で剃ることのメリットは、安価なこと。またいつでも気になった時にシェービング出来ます。しかし、間違った方法で行うと肌を傷つけてしまう原因に。眉毛の形などを整えるのが難しく、リスクは高いです。

 

理容室やシェービングサロンで剃る事のメリットは、安全性。理容免許を持ったシェービングのプロがいます。肌を傷つけるリスクが少なく、安全に産毛を取り除くことが出来ます。小鼻の周りや口元などのデコボコした部分も剃り残し無くきれいにしてくれます。

 

実際に自宅でケアをしている方もいました。自分が子供の頃によく母親が顔にニベアをたっぷり塗って、膝枕に頭を乗っけてくれてカミソリで顔を剃ってくれていました。という人もいます。

 

娘は一人が毛が濃くて、一人が毛が薄いのですが、濃い方の娘は髭が目立ってくると剃ります。常に伸びてはくるけど、濃くはなっていません。自宅でのケアでも、正しく行えば大丈夫みたいですね。ただし以下の点を注意しましょう!

 

セルフならカミソリの使い方と剃る向きに注意することです。セルフで子供の顔の産毛を剃ってあげる場合は、化粧ノリUP!正しい顔の産毛の剃り方にもあるように、カミソリの使い方と剃る向きに注意する必要があります。

 

まず、剃る前にはシェービングクリームを肌に塗布し、カミソリによる肌ダメージを最小限に抑えましょう。カミソリは毛の生えている方向に沿って上から下に向けて動かします。刃の角度は肌と平行に近いくらいが目安。刃を垂直に当てると肌を傷つけてしまいます!また、カミソリは切れ味が悪くなると肌に引っかかりやすくなりますので、少々コストがかかっても頻繁に買い替えましょう!