顔の産毛取りの方法

顔の産毛取りの方法

顔の産毛を取り去る方法としてはいくつかありますが、まず一番メジャーなのがカミソリで剃り、取り除く方法です。

 

電気シェーバーで顔の産毛を取り除く方法もあります。また、ローラー脱毛で顔の産毛を取り除くのは脱毛になりますが、一応取り除くことができます。
それ以外なら薬剤を使った除毛か、剥がして産毛を取り去るシール、パック剤となります。

 

あなたは上記のいくつかを試したことがありますか?

 

カミソリや電気シェーバーで剃る方法は誰でも知っていると思いますので、今回は「脱毛ローラー」で産毛を取る方法をご紹介します。
こちらは取るというより脱毛ですので、痛いです。

 

コイルに持ち手がついていて、肌の表面にコイルを転がして、毛がそのコイルに絡まって抜いていくという方法です。
コイルの場合は、毛だけを絡めるので、細胞がコイルに絡まるわけではありません。

 

脱毛テープのようなもの(上述でガムテープと書きましたが)だと、肌表面の細胞まで一緒に取ってしまいます。
つまり、肌のバリア機能を思いっきりはがしていることになりますので、顔の産毛に使うのは絶対にやめた方がいいと思います。

 

それでも、脱毛ローラーであればいいのかといえば、そうでもありません。毛を絡めますので、その周囲の細胞はローラーが産毛を引っ張ります。
脱毛ローラーは楽天やアマゾンなどで1000円〜5000円程度で販売されていますが、もし鼻下やあごの顔の産毛に使うつもりなら、顔用のローラーを買いましょう。
調べてみたところ、2〜3mm程度顔の肌から毛が出ていれば、脱毛ローラーの効果があるとのこと。
それから、それよりも長い毛の場合には、先にハサミでカットしてから使うようにと記載があるとのことでした。でも、そんな面倒なら最初から電気シェーバーで剃りますよね。

 

実際に使ってみた人のコメントですが、転がすだけで産毛がローラーに絡まってプチプチ抜けたり切れたりして、最終的には電気シェーバーも使いました。
ローラーのメーカーにもよると思いますが、あまり細い産毛だと絡まりません。というコメントです。

 

痛いというのがなんとも嫌ですよね。どうせ痛い思いをするなら永久脱毛や医療脱毛などにお金を払って、時間はかかっても永久脱毛の方がいいのでは?

 

そんな痛い思いをして、残り毛もあって、また産毛は生えてきますでは、いくら数千円で脱毛ローラーが買えたとしても、ちょっとやめておくとなりませんか?
でも、痛気持ち良いという人もいますので、安いですし試してみてもいいかもしれません。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?