顔の産毛が透明ならピーチスキン

顔の産毛が透明ならピーチスキン

顔の産毛が透明で、桃の表面にあるような産毛のことを、ピーチスキンといって、赤ちゃん肌のことです。つまりほめ言葉ですよね。

 

子供の頃は産毛もほとんどなくて、化粧もしないのに、色も白く、顔の産毛は透明で、お肌もテカテカに光ったりしませんでしたよね。
大人になっても顔の産毛が透明で、短くで、光があたるとほんのり光るようなピーチスキンの人はいるのでしょうか?

 

ほとんどの女性は思春期になれば、つまり中高生になれば、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌が活発になって、ニキビができたり、産毛が濃くなったりしまいますよね。

 

これは今の大気汚染、紫外線の強さを考えれば仕方がないのかもしれませんね。
では、そうなった時の対処方法を確認しておきましょう。

 

まずは、顔専用の電気シェーバーが中高生でも買える価格で販売されていますから、それを使いつつ、化粧水や乳液などでしっかり保湿をしていけばいいと思います。

 

できれば、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを使うと、さらに相乗効果があります。
ただ、これらの製品の中には顔以外と記載のものもありますので、ちゃんと顔用というのをチェックして購入してくださいね。

 

顔以外様のローションやクリームには産毛のたんぱく質を溶かす薬剤が入っている場合があります。
それを顔につかってしまったら、顔の産毛はすぐになくなるかもしれませんが、肌荒れになるかもしれません。かならず顔専用の抑毛クリームかローションを使いましょう。

 

でも、そもそも顔の産毛は処理しても良いの?という素朴な疑問です。
顔の産毛は剃っちゃダメと言われたことがある女性もいらっしゃると思いますが、産毛は処理しても大丈夫です。

 

わたしたちの顔に産毛が生えている理由は、大気中の汚れからの保護であったりします。
外敵や顔に触れてはいけないものの接近をいち早く察知するセンサーの役目も果たしています。

 

産毛を剃ってしまったらお顔を守ってくれる保護役がいなくなるのが心配ですが、意外と大丈夫なのだそうです。

 

なぜなら、日本人女性はまめに日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりしますから、お肌のダメージはほとんどないとか。

 

一番ダメなのは、朝顔剃りをして、何もメイクをしないで、日焼け止めもつけずに外出することがお肌にとっては一番ダメージが大きく、乾燥、シミ、シワ、肌荒れの原因になるそうです。

 

なぜなら、顔の産毛を剃った後は、電気シェーバーで剃ったとしても、肌に小さな傷がついていますから、寝る前の入浴後に剃って保湿しておくというのが基本です。
⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?